セントラルビレッジ株式会社は翻訳・ITの総合サポート・海外進出支援を専門とするバイリンガル・コンシェルジュ集団の会社です

TEL. 03-5530-8739

〒135-0063 東京都江東区有明3丁目7番26号
有明フロンティアビルB棟9階

会社方針

22世紀をリードする会社を創る

当社は、アジアを始めとする世界企業へと事業を展開しています。設立当初より 常に大きな夢を実現し、成長する「国際企業」であり続けると同時に、零細企業から大手企業に大きな影響を与え、 「セントラルビレッジに支えられ育ったと」と言われるような、「100年を見据えた22世紀を代表する会社を創る事をビジョンとしています。


Executiveメッセージ


先日、とある路線案内アプリ開発の方から、数年後の東京オリンピックで、海外からかなりの人数の人が日本に来るけど、うちのアプリダウンロードしても日本語なんて読めないよねと言うことをおっしゃられていました。確かに、日本語アプリの英語対応は少ないと感じました。日本もグローバル化を叫んでいますが、本当の意味でのグローバルはまだまだ遅れていると感じています。途上国を含めても他国では英語はスタンダード。お隣の韓国の方々も英語は通常に話せる方がほとんどです。そういった意味でも日本の英語に対する対応は遅れています。英語を話す事もそうですが、グローバルへの対応に戸惑う会社も少なくはありません。私たちの会社はそんな日本から海外へビジネスを展開する様々なジャンルのかたがたの後押しをしたいと考え、起業しました。おかげさまで、様々な海外ビジネスへの相談があります。インドにある開発育成センターは優秀なバイリンガルを揃え、日本でのグリーンカードを取得したメンバーもおり、海外から見た日本の姿、逆に日本から見た海外への接し方など、人としてもビジネスとしても優秀な人材がそろっております。今後ともグローバルな会社として、ますます、皆様方と共に信頼あるビジネスパートナーを築いていきたいと考えております。

会社沿革

2004年10月
セントラルビレッジ株式会社を確認株式会社として設立
2005年
PCクリーニングサービスを開始
2011年
ソフトウェア開発委託業務を開始
2012年
海外進出企業者様へ各種翻訳サービスを開始
2013年
インド・ムンバイに開発センターを設立
2014年
海外進出企業様への現地コンサルタント業務を開始
2014年
VIRTUZ TECHNOLOGY SERVICESが関連会社となりました
2015年
測定、検査機器の校正管理ソフト『Calibration StudioVer1.1』をリリース
2016年
製薬会社向け『プロセスバリデーション』の開発を開始
2017年
アウトソーシング専門部署を開設
2017年
保険紹介代理店として大手保険会社と契約締結

バナースペース

セントラルビレッジ株式会社

セントラルビレッジ 本社

〒135-0063
東京都江東区有明3丁目7番26号
有明フロンティアビルB棟9階
TEL: 03-5530-8739
Mail: Sales@centervilla.com

インド開発センター

VIRTUZ TECHNOLOGY SERVICES

Silver Plaza, near nitin company junction, ESIS rd, thane west, Maharashtra, India
http://virtuztechno.com
+91-22-2542-9257
E-mail:sales@virtuztechno.com

インド大使館
EMBASSY OF INDIA

〒102-0074
東京都千代田区九段南2-2-11
Tel : +81 3 3262-2391 から 97